読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささみろぐ

チラシの裏

update_name誕生秘話

ささみJPです。今回は

update_name Advent Calendar 2013 - Adventar

の5日目分の記事です

 

自分の名前を変更する「update_name」ですが、どのようにして生まれ、現代に継がれているのでしょうか。

その歴史は、人類の誕生にまで遡ります。

 

世界最古のupdate_name

 

旧約聖書の創世記第17章を見てみましょう。

  神はまた彼に言われた、

  わたしはあなたと契約を結ぶ。

  あなたは多くの国民の父となるであろう。

  あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、

  あなたの名はアブラハムと呼ばれるであろう。

  わたしはあなたを多くの国民の

  父とするからである。

ここでは「神」によりアブラム氏は「アブラハム」に改名させられました。これこそが、update_nameの始まりであり、我々の原点とも言えます。

f:id:sasamijp:20131216195657j:plainupdate後のアブラハム氏。輝きに満ち溢れている。

 

日本最古のupdate_name 

 

では、日本における最初のupdate_nameとはどのようなものだったのでしょうか。

古事記を読んでみましょう。

 そこでそのアシナヅチ神を呼び、「あなたを私の宮の首長に任じよう」と言い、また名を与えて、稲田の宮主須賀の八耳(イナダノミヤヌシスガノヤツミミ)神と名付けました。 

この場面では、スサノヲ命がアシナヅチ神の名前を変更します。このようなupdate_nameが古事記では多く見られることから、日本では昔からupdate_namerが多く住んでいたことがわかります。

f:id:sasamijp:20131216203651p:plain日本最古のupdate_namerが祀られている島根県の八重垣神社。update_nameの神がここにいる。

 

 現代のupdate_name

 

しかし最近はどうでしょうか。昔は例の如くアホみたいにupdate_nameが行われてきたのですが、「貰った名前は変えない」という風潮があり(常識である)、update_nameが気軽にできません(当たり前だ)。

 

update_nameの未来へ向けて

 

私達は今Twitter上で日常的にupdate_nameを行っています。

実際に改名するには様々な手続きが必要ですが、Twitter上でならAPIが切れない限り何度でもupdate_nameすることが可能です。私は昨日37回のupdate_nameをしました。

我々update_namerには、人類の歴史を創世していった古きupdate_namer達の英霊が宿っているのではないでしょうか。

update_nameの未来のため、今日も私達は名前を変え続けます。戦いはまだ始まったばかりです。