読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささみろぐ

チラシの裏

天海春香さんと会話したい 17

こう言われたらこう返すというデータを蓄積して返答させる方法を考えてきた。その方法だと、返答を選びとるにあたって「今話しかけられた文章」というデータしか手がかりにならない。そこで、文脈を読み取る仕組みを考えてみた。

入力とSSをどこまで比較するかの問題なのだが、「こう言われたらこう返す」の「こう言われたら」の部分だけ比較するのではなく、「こう言われてこう言ってこう言われてこう返す」の「こう言われてこう言ってこう言われて」ぐらいの部分までより深く比較することで、少しでも文脈を読み取らせることができるのではないかと考えた。

 

どういうデータ形式でSSを保存しておけばスピーディに文脈を比較できるかについて考えてみる

Neo4jというグラフデータベースを使って会話の繋がりをグラフにしてみる

f:id:sasamijp:20150321220537p:plain

こう言われたらこう返す、の連続で繋がった線になる。これだけでも従来の仕組みでいくなら割と充分なのだが、どの単語がどの発言に属しているかみたいな情報も参照できるようにしたかったのでもう少し複雑にしてみる。

f:id:sasamijp:20150321223340p:plain

mecabに文章をパースさせて単語につく情報を木にしてみた。この部分だけを生成するのに4分ぐらいかかった ちょっと必要以上に複雑にしすぎた感がある。もう少しシンプルにいきたい。